エイダコイン(ADA)の価格
長期間ログインされておりません

エイダコインの値段 価格

エイダコイン(ADA)価格のご案内

プレセール期間別の交換価格

下記の日本円価格は1$(ドル)=116円で換算しております。

  • 第2期(〜2016年4月8日)
    1ADA=約0.26円(¢0.22)
  • 第3期(2016年8月1日〜2016年9月14日)
    1ADA=約0.28円(¢0.24)
  • 第4期(2016年11月25日〜2017年1月31日)
    1ADA=約0.3円(¢0.26)

※最終プレセール第4期は2017年1月31日をもって終了いたしました。

※エイダ総量(発行上限)630億ADAのうち約252億ADAがプレセール期間に交換

※エイダコイン(ADA)のプレセール額はイーサリアム(Ethereum)を抜き、仮想通貨(暗号通貨)のプレセール額は世界1位となりました。

※最低交換額は1000ドル(約12万円)からとなっておりました。

エイダコイン(ADA)の価値

各国の政府が発行する法定通貨は、各国の事情でその発行量は順次増えていきます。

しかし、ビットコイン(Bitcoin)、イーサリアム(Ethereum)などの仮想通貨(暗号通貨)で時価総額ランキングの上位通貨は発行上限数が決まっており流通量には限りがあります。

エイダコイン(ADA)についても総発行量630億ADAと、その発行上限数が決められています。

基本的には、法定通貨は供給量が増えていくことでその価値は下がり、その為に物価は上昇していく仕組みです。

しかし、仮想通貨(暗号通貨)の価値は、供給(限られた総量)に対して需要(利用したい人の人数)が増えていくことで高まっていくことになります。

エイダコイン(ADA)は、他の仮想通貨(暗号通貨)が未実現の電子パスポートの発行機能、オンラインゲームプラットフォーム機能などを提供することで、既存の仮想通貨(暗号通貨)の利用者に加え、新たな利用者を取込むことでその価値が高まると考えられています。

現在は、これまでの第1期〜第2期の交換時の為替レートに比べ、10円程度安い為替レートです。つまり、現在の為替レートに大きな変動がなければ、第3期と同様に第4期も1割以上の割引価格で交換できることになります。

100万円分の交換では10万円程度安く入手できる状況にあります。

第4期までのプレセール期間でのADA発行数は、総発行量630億ADAに対して約250億ADAで総量の40%となっております。これはカルダノ公開時で残り60%の新規買い市場があることで、売りたい人よりも買いたい人の力が多くなることを意味しています。

エイダコイン(ADA)価格の推移

仮想通貨(暗号通貨)の価値は、供給(限られた総量)に対して需要(利用したい人の人数)が増えていくことで高まっていくことから、エイダコイン(ADA)の保有はその時期が早ければ早いほど価格上昇が見込まれます。

エイダコイン(ADA)の価格上昇をSTEP1〜STEP4の4段階で考える場合、現在のプレセールはSTEP1に当たります。

今後に、STEP2でカルダノ(CARDANO)プラットフォームが公開され人々に知られ、利用されていく中で、多くのフィンテック企業も参入してSTEP3として利用者が増加していくことが見込まれ、STEP4へとつながっていきます。

インターネットの利用は、新興国ではスマートフォンの普及によって急速に進んでいます。

仮想通貨(暗号通貨)が非常に短期間で普及する理由は、ここにあります。

エイダコイン(ADA)については、さらにオンラインゲームの急速な普及環境の中で、その中心エリアであるアジアから公開されることから、その普及に世界中から期待が高まっています。

※公開後の値上がりはあくまでも期待によるシュミュレーションであり、保証されているものではありません

Copyright (C) 仮想通貨エイダコイン(ADA)代理店エイダエージェンシー. All Rights Reserved.
当サイト内のコンテンツ(文章・資料・画像など)は複製・改変・転用等をすることを禁止します